アイクリームはやっぱり違う!愛用派の声

アイクリームはここが普通のクリームと違う!

【使用品】DHC薬用Qショートリンクルクリーム

42歳

DHCのアイクリームは一本3,000円ほどします。確かに目元だけに使うには高い気がしますが、配合されている成分を見ると納得がいきます。普通のクリームよりもアイクリームのほうが保湿力が高いです。目元の印象は顔全体のイメージに大きく影響するので、見た目年齢を老けさせないためにも必要不可欠だと思います。

【使用品】クリニークリペアウェアモイスチャーリフトアイクリーム

27歳

アイクリームは油分が多いものという感覚です。アイクリームを顔全体に塗ると、油分が多すぎて反対にニキビなどの肌トラブルが発生してしまいそうだと思います。アイクリームを塗ることで、目元の乾燥、皺が塗らない時よりも気にならず、笑いすぎた日にも手でなじませると気にならない程度まで回復させることができます。

【使用品】perfectportionローズウォーターアイジェル

32歳

顔の部分によって皮脂のバランスが違います。他の顔の部分に合わせて化粧水や乳液を使っていていると、目の周りだけは乾燥することが多いです。特に乾燥する季節は要注意です。アイクリームは他のクリームよりもお値段は高いですが、それだけ栄養のあるエキスが凝縮されています。使うか使わないかは年を取ったときに差がつくと思います。

【使用品】なめらか本舗リンクルアイクリーム

20代

私は思うアイクリームと普通のクリームとの違いはアイクリームは普通のクリームに比べて成分が肌に優しくて繊細だということです。確かに目の周りは特別肌が薄く敏感なので成分には気をつかっているのではないかと思います。色素沈着とかしたくないですしね。

【使用品】DHC・WエフェクトクリームGE

50代

価格はやや高いと思いますが、他のクリームよりもキメが細かく目元に良く馴染みます。また目元はデリケートな箇所なので、その点はアイクリームの場合、成分などにおいても配慮されているので安心して使えると思います。効果についてもある程度満足しています。

【使用品】POLABAのアイクリーム

45歳

この4年の間に、浮気をして別のブランドのアイクリームを使用したこともあるのですが、共通して言えることは、お肌全体に使用する保湿クリームよりも、テクスチャが固いかなと思います。お値段はグラム換算すると、保湿クリームよりも高価ですが、その価値はあると思います。私の場合、使用していると、大き目のシワはなくなることはないのですが、ちりめんジワのような細かいシワは、ほぼ改善されます。

【使用品】ピュアールマルチスキンモイスチャージェル

40代です。

アイクリームには、目の周りの弱い皮膚に対して効果を発揮してくれるように思います。通常のクリームは保湿のみで目の周りのたるみには直接の効果はないと思います。肌状態が改善するまではいっていません。アイクリームは1日に何万回もの瞬きをする目元を助けてくれているように感じます。

【使用品】花王キュレル・アイゾーン美容液

30代

まぶたがガサガサしていると、化粧水でもクリームでも塗った瞬間に痛みを感じていました。しかし、このアイクリームは塗り込んでもまったく痛くならなかったのです。おかげで毎日使い続けることができました。塗った瞬間から痛みやかゆみから解放されるので、それだけでも十分楽になります。

【使用品】SK-Ⅱ、パワーステムアイクリーム

25歳

アイクリームと普通のクリームの大きな違いは、やはり素肌の角質の奥まで美容成分が行き渡るか、行き渡らないかの差だと思います。アイクリームは短時間で肌の奥まで馴染み、物凄く美容成分が浸透していきますが普通のクリームは肌の奥まではいかず表面に乗っている様な感覚で美容成分があまり行き渡っていないと思います。私が使用しているアイクリームは大変お財布に優しい値段で、目元の肌状態も使用する前よりは遥かに若返ってきていて大変満足しています。

【使用品】コーセーコスメデコルテモイスチュアリポソームMLアイクリーム

43歳

アイクリームと普通のクリームとでは、やはり若干差があると思います。目元用はよりお肌に優しく、きめが細かい感じでしょうか。私が使っているリポソームシリーズはとくにしっとりとして、肌の奥まで浸透している感覚があるので、目の周りのハリが出てきたように思います。

目の周り=アイクリームなのか?

目の周りに使うアイクリーム。やはり効果的だという意見が占めますね。

ただ、必ずしもアイクリームでなければならない、ということはありません。

目の周りで困るのは乾燥、シワ、たるみ、クマでしょうが、これらのベースはだいたい乾燥からスタートしています。なので、アイクリームでなくても目の周りに使えるタイプで、保水力に優れた製品ならそれはアイクリーム代わりになります。

目の周りの乾燥と保湿化粧品の選び方

上記サイト参照。

目の周りの乾燥が炎症を生み、それがコラーゲンを分解してシワになり、くまになる…

つまり乾燥を止めない限り満足行く目元は手に入らないということです。

だからアイクリームとなるのですが、アイクリームでも乾燥に強いものは限られます。確かに保湿力が高いものはありますが、持続力に欠けるものが目立ちます。それだとダメなんです。特に目元は。

この持続力を絶対に外せないんです。ここを解決できていないなら、正直言ってアイクリームはそれほど解決の糸口になりません。高価なアイクリームを使っているというプラシーボ効果に過ぎないでしょう。

一度アイクリームという縛りから離れてみて、本当に潤いを目元に留められるのか?という点にこだわってみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加